2011年12月アーカイブ

冬も犬の散歩は必要です。

「寒いから、濡れるから、暗いから・・」という言い訳は、犬の飼い主さんである以上できません。

外の世界に触れる刺激は、社会性のある動物にはストレス解消になります。社交性も維持しないといけません。また、犬にとっての散歩は大切な狩猟の疑似行動になっています。

本能のはけ口を作ってあげないといけないのです。もし犬が散歩嫌いだったとしたならば、それは幼少期の社会化が乏しかった・・という、飼い主さんの責任なのです。

2011122301.png
フルカバータイプの雨具(レインコート)を犬に着せれば、濡れずに済みます・・

2011122302.png出発時は寒いと思っても、歩き始めるとすぐ体がポカポカ温まってきますから、おっくうがらずに一歩踏み出すことです。

冬は運動不足になりますから、犬も人間も健康のために歩きましょう。

2011122303.png今日の犬の散歩は、出発時は小雨でしたが、途中で雪に変わりました・・

明日はホワイトクリスマスになりそうです・・





雪の中の犬の散歩は大興奮でした・・ここ新潟の平野部も、今年初めて少し雪が積もりました。

ただでさえ雪で興奮している犬でしたが、今日は姪っ子が犬の散歩に付いてきてさらに興奮・・そしてさらに姪っ子がぬいぐるみを持って歩いていたため、さらに更に大興奮!


2011121701.png
私のスワレの指示も、ギリギリで従っている感じで、姪っ子が抱いているぬいぐるみが気になって仕方がない様子・・


2011121702.png

しかし、お前もだいぶ年取ったね・・顔の毛が真っ白だ・・

2011121703.png
そして間抜けな私は途中で気が付きました・・

「しまった・・犬に雨具を着せるの忘れてた!」・・外が晴れていたんで、そのまま出かけちゃいました・・

犬は雪の中を歩いたり遊んだりしていると、被毛に雪玉がビッシリ付くんです(^-^;)

これがまた、手でしごいても取れないんです・・今日はそんなに気温が低くなかったので良かったですが、次回の雪の散歩からはしっかり犬に雨具を着せて出かけます。

ではまた、皆さんお元気で・・





犬のガン悪性腫瘍癌・シコリ・コブ・良性腫瘍について解説します。

ちょうど良い機会?ではないですが、家の犬にシコリが急にできまして、良性の脂肪腫瘍だろうとは思ったのですが、絶対に私は細かいことでも獣医の先生に聞くことにしているので、さっそく動物病院に行ってきました。

家の犬の腫瘍の写真です↓

2011121201.png拡大写真↓

2011121202.png後ろ足の付け根の、内またの部分です。2センチくらいの楕円形で、プニプニした感触です。

数日前にはなかったものなので、急にこんなに大きくなるのか?!と少しあせりましたが、落ち着いて動物病院へ・・

注射器で、コブの中の組織を少し取り出します。そして顕微鏡で、細胞の形を見ます・・

獣医の先生:「良性の脂肪腫だね」

私:「やっぱり・・でも良かった・・」

もう家の犬も老犬なものですから、癌(ガン)だけはずっと心配していて、数日に一回は必ず触診するようにしています。

ですので、犬の飼い主の皆さんも必ず触診は日常的にしてください。(若犬でも)。あお向けでマテができるようにも躾ておいてください。

犬の癌(ガン)で悪性腫瘍と良性腫瘍の見分け方ですが、良性のモノはプニプニと、わりと柔らかい感触で、形がいびつでなく、真ん丸か楕円でキレイな膨らみになります。

反対に悪性の癌腫瘍は、形がいびつで固い感触になります。

腫瘍が大きくなるスピードや腫瘍の大きさは判断材料にはなりません。小さくても悪性のガン腫瘍の場合もありますし、ものすごく早く形成される場合もあります。

とにかく見分けのポイントは、形と固さになります。

かと言って、自分だけで絶対に判断せず、すぐに獣医さんに診てもらってください。万が一悪性の癌腫瘍なら転移する前に摘出して、化学療法も受けないといけません。

犬の癌(ガン)の予防法ですが、栄養バランスの良いドライフードのみを食べさせ、散歩・遊び・運動・しつけによって、ストレスのたまらない生活・家族との関係作りをしっかりしましょう。

7・8歳過ぎてきたら、サプリメントも良いですよ(^-^)


>> 犬のしつけを学びたい方はこちらへ

犬と家族.png



私の父親の趣味サイトを開設しました・・

2011120301.png私の父親は障害者です。もう10年以上も前になりますが、脳梗塞に倒れました。一命は取り留めリハビリで回復してきましたが、左脳がやられたので右半身が不自由です。

もともと右手が利き腕だったのですが、ほとんど動かせないので左手を利き腕にしようというリハビリを続けてきました。

父親は、もともと絵が好きだったので、漠然とリハビリをするよりも楽しい方が良い・・ということで、よく絵を書いていました。

もちろん、左手はもともと利き腕ではないので苦労していたようですが、だいぶ上手くなってきたようで、周囲の人に褒められたことに気を良くして、頻繁に絵を書くようになりました。

そうこうしているうちに、気が付いたら絵も数十枚書き上がっていて、面白そうなんで私がブログを作って掲載することにしたんです。

コメントOKにしたので、どんな反応があるか様子を見ようと思っています・・







【堀川春広】
株式会社ホリページ代表取締役
http://www.horipage.com
・ホームページ&ブログ制作
・インターネット広告代理店
・電子書籍・データ販売
・検索エンジン対策SEO
・ネットショップ構築
・ブランディング構築
・アフィリエイト業務
(上記コンサルティングも)