2015年4月 起業して7周年に感謝!

私はサラリーマンを15年やって、独立しました。

それからもう7年以上経ちました・・

早いなー・・・

とてつもない苦労もありましたが、今はものすごく充実しています。

サラリーマン時代の10年前は、こんな生活をまったく想像すらできませんでした。


あとで知ったことですが、起業した人の80%は3年以内に倒産、5年もつのは10%だそうです。それを起業前に知っていたら止めてたかもしれません(^_^;)

おかげさまで、(爆発的な売上は無いですが)、右肩上がりで成長してきて、収入としてはサラリーマン時代の数倍にはなりました。

でも今までも波がありましたので、落ちても落胆することはありません。

経験を積んだからそう思えるのか、ポジティブ思考の訓練が自然にできてきたのかもしれません。


トラブルや失敗は、成長や進化のチャンスなんですね。

もちろん、最初の失敗はそんなふうには思えません。強く失望して疲労感いっぱいで、うつになります。

でもそこであきらめないで、何かアクションを起こし、少しでも良い結果が出ることで気付くんです。

失敗はチャンスだ!!!

ということに・・・


かつて電球を発明したエジソンは、電球を作るまでに2万回以上失敗したそうです。

でもエジソンは、「失敗した」とはまったくとらえず、「2万回の発見をした」と言うのです。

成功者というのは、そういう思考のもとで、日々淡々と続けているだけなんですね。

『継続は力なり』

生まれ持った才能は関係ないのです。


ちなみにエジソンは、子供のころに「1+1=1」と答えて、同級生や先生にいじめられて小学校を辞めています。「そんな学校に行く必要はない!」と、お母さんが勉強を教えたんですね。

たしかに、1と1をくっ付けて融合したら、大きな1になりますよね。1つの個体である事は間違いありません。



さて、何か悪い事が起こったら、2つ意識してください。

1、もっと大事故にならなくて良かった。これで済んで良かった。

2、「こうすると失敗するんだ」ということが学べて良かった。発見した。成長した。


(3)、ちなみに私のような情報起業家ならば、失敗した体験がコンテンツになります。そこからさらに勉強して成功マニュアルが作れます。

今は良い時代です。誰でも無料でブログやSNSで発信できますからね。失敗すらビジネスチャンスなんです。生きていく方法なんて何百通りもあります。

サラリーマン時代はそんなふうに思えず、職や立場を失うのが怖かったですが、経験して分かったら、そういうふうに思えるようになりました。



何か新しいことを始めたら、まずは小さい成功体験を積むことです。それによって楽しくなるし自信もつくし、「失敗はチャンスだ」ということに気付くからです。

それに気付いたら、もう怖いものが無くなります。

でも、単なる楽観主義ではいけません。何も準備をせず、行き当たりばったりだけでは、取り返しがつかない事が起こる可能性があります。

小さく、たくさん、テストすること。



『ネガティブシンキング・ポジティブプランニング』と言われることがあります。

将来のリスクを考えて、積極的に準備する・・ということです。日本人の心配性って、実は素晴らしいことなんだと思います。将来を見通せる能力を持っているということですからね。

でも、心配して落ち込んで何もしない・・・

これでは何も生みませんので、将来のリスクを見つけたら、積極的に行動してそれをカバーすることです。失敗も防げて、実力も付きます。


ポジティブ思考法は、知っただけではダメなんです。

毎日意識の練習をすることです。出来れば声に出してください。

それではもう一度おさらい・・

何か悪い事が起こったら、2つ意識してください。

1、もっと大事故にならなくて良かった。これで済んで良かった。

2、「こうすると失敗するんだ」ということが学べて良かった。発見した。成長した。


今までストレスだったことが、喜びやエネルギーに代わります。

それではまた、皆さんお元気で・・・







【堀川春広】
株式会社ホリページ代表取締役
http://www.horipage.com
・ホームページ&ブログ制作
・インターネット広告代理店
・電子書籍・データ販売
・検索エンジン対策SEO
・ネットショップ構築
・ブランディング構築
・アフィリエイト業務
(上記コンサルティングも)