迷惑メール・詐欺メールと必要なメールの見分け方


迷惑メール・詐欺メールにご注意です。

今日、私のところに面白い詐欺メールが来たので、ちょっとご紹介がてら、メールについての知識をお話したいと思います。

私は仕事柄、どうしてもウェブ上に自分のメールアドレスを記載しなければいけません(商品やサービスの販売ページでは法律上表記が必要です)ので、それを悪者がツールで自動収集して、スパムメールを送り付けたり名簿業者に売ります。

ですので、毎日毎日私には大量の迷惑メールが届きます。

しかし、その中には当然必要な大事なメールもありますので、それを振り分ける必要があります。


メールソフトはプログラムによって、迷惑・詐欺メールなのかそうでないのかを判断して振り分けるわけですが、それでも所詮はプログラムの自動判別でしかありませんので、かなりの間違いがあります。

明らかに迷惑・詐欺メールなのに受信トレイに入っていたり、必要な大切なメールなのに勝手に迷惑メールフォルダに入ったりします。

そこで、それを見極める判断力が必要になります。

まずは、当たり前と言えば当たり前なのですが、


1、自分からお願いしていないものや取引がない相手は全て無視する

ということです。迷惑メールフォルダに移動してから捨ててください。

人間の心理として、ついつい儲け話とか面白そうな話に乗ってしまいがちです。寂しい時は異性からのメールや困っているような内容のメールも気になるでしょう。

しかし、相手から一方的に届くメールは、100%詐欺です。

もしあなたがビジネスをされていて、それに役立ちそうな内容があるのならば良いですが、そうではない人にとっては、何を言われても身になりませんし、気が付いたら誘導されて商品やサービスを買わされているものです。

「二度と送るな」などと絶対に返信したりしないで、メルマガ解除できるものは解除して、迷惑フォルダに入れることです。

ただ注意点は、アダルト系や出会い系の会員サイトですと、解除申請を送ってしまうことで、あなたのメールアドレスが「生きているメール」だと判断されたり、「利用した」ということで勝手に請求が来たりと、危険な場合があります。

ですので、アダルト系や出会い系の迷惑メールは、メルマガの解除をしたり警告の返信などは一切しないことです。サイトURLもクリックしてはいけません。

迷惑メールフォルダに入れてから、最後に全削除してください。※ただし、大事なメールも迷惑フォルダに入ることがありますので、せめてタイトルと送信者名くらいはチェックしてください。大事なメールを捨ててしまったら、それも大変なことになります。


2、必要な相手のメールは、フォルダを作ってそこに振り分ける

これをすることで、メールソフトやプロバイダーは「このメールの送信者は迷惑ではない」と判定プログラムに反映していきます。

また、どちらにしても、お買い物や何かの契約の証明メールは大切ですので、受信トレーにため込まないで、新しいフォルダを作ってそこに移動してください。

受信トレーにため込んで容量が一杯になってしまうと、メールソフトが勝手に新たな受信を拒否してしまいます。受信トレーは常に空にしておく癖にしましょう。

必要なメールは、ジャンルごとにフォルダを作って振り分け、要らないメールは削除、不審なメールは迷惑メールフォルダに入れて全削除します。


3、フリーメールを作って利用する

フリーメールは無料で、Gメール(グーグルメール)かヤフーメールが主流です。

例えば、ちょっとした買い物や無料情報を見たい場合は、フリーメールで登録するほうが良いです。自分のインターネット契約しているプロバイダーメールは、本当に重要な買い物や重要な相手のみに限定して使ってください。

フリーメールを作りたい方は、「Gメール作り方」などで検索してください。



ということで、上記のように振り分けを毎日していくと、自然と振り分け能力が身に付いていきます。

私のところには毎日数百通の迷惑・詐欺メールが届きますが、だいたい1分くらいでサーッと見て振り分けられます。タイトルと送信者名から、明らかに勧誘・詐欺だと一瞬で気付くようになります。


さて最後に、今日届いた笑ってしまった面白い詐欺メールをご紹介します。

「【三菱東京UFJ銀行】メールアドレスの確認」という件名で届いたのですが、本文の冒頭は↓こんな感じです。

-------------------------------------------------------------------
こんにちは!
最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。
お客様のアカウントの安全性を保つために、「三菱東京UFJ銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。
-------------------------------------------------------------------

誤字脱字があって、日本語がおかしく幼稚な言葉使いなのと、銀行のようなところが「こんにちは!」なんて軽すぎる挨拶はしませんし、「!」のようなビックリマークなんて付けません(笑)

ちょっと笑ってしまいました。

きっと犯人は、社会経験が乏しい若者か、外国人ですね。

それと、サイトのURLが貼ってある場合は、普段自分が利用してるサイトと完全に同じアドレスか絶対に確認してください。詐欺メールはたいていが変なURL(ドメイン)です。


では以上、お役に立てれば幸いです。







【堀川春広】
株式会社ホリページ代表取締役
http://www.horipage.com
・ホームページ&ブログ制作
・インターネット広告代理店
・電子書籍・データ販売
・検索エンジン対策SEO
・ネットショップ構築
・ブランディング構築
・アフィリエイト業務
(上記コンサルティングも)