2020年、起業12周年に感謝もコロナ禍をどう生きるか

2020年、早いもので気が付いたら起業して12年も経っていました。

お世話になったお客様には、本当に感謝申し上げます。

もちろんいつも順風満帆ではなく、山あり谷ありでしたが、起業当初から一円も借入はなく、資産もそれなりに蓄えることができました。

もともと、IT系はそれほど原価がかからないビジネスですが、内部留保もあってか、今回のコロナ禍でもあせることなく過ごすことができました。

ただし、今後も経済としてはジリジリと下げが続くと思っています。

特に2020年後半から2022年あたりまでは、日本経済も大きく落ちると思います。

私自身は今のところ業績はまずまずですが、お客様が不景気になればもちろんその影響を私も受けますので、今から色々と対策を考えています。

さて、それにしても今回のコロナ禍を経験して、より強く感じたことがあります。

それはやはり、デスクワーク能力とITスキルです。

もともと一人でネット上でビジネスをしてきたわけですので、私の仕事は根本的にテレワークそのものです。

孤独ですが、時代として必要性があった上に今回のコロナ禍で、「頑張ってきて良かった」とより強く感じました。

あなたはおそらく、どちらかの組織に属してお仕事をされていると思いますが、今回のコロナ禍に限らず、テレワークやデスクワークのスキルが必要になっている時代ですので、先送りしないでそういう能力を身に付けておくことをおすすめします。

と言うと難しく感じるかもしれませんが、簡単なことから始めればいいんです。

メールが普通に使える、エクセルやワードが普通に使える、オンライン会議のツールが普通に使える・・・

ということから始まり、ブログやユーチューブなどのSNSをやってみたり(画像加工や動画編集含む)、FXの自動売買などで資産運用をすることもITスキルと言えるかもしれません。

そこまで行けば、組織からリストラされたり減給されたりというリスクを補うことができます。

私のように時間の自由も増えます。



ITスキルやデスクワーク能力が無い人は生きていけない時代になる

今回のコロナ禍で「オフィスレス会社」が注目されましたが、その次は「社員レス会社」が増えると思っています。

私のようにそこそこでもITスキルがあれば、社員さんを雇う必要はなく、自分が作ったウェブサイトやソフトやアプリが稼いでくれるからです。

365日、24時間、文句も言わず病気にもならず、無給で思い通りに働いてくれるツールがあるわけですから、社員さんは要らないわけです。

会社経営においては、社員さんを雇うことがリスクになるのです。

逆に言えば、会社員はリストラされたり転職先が見つからなくなるわけです。

今回のようなコロナ問題がなかったとしても、AIがより進化し安価で普及すれば、なおさら社員さんは要らなくなります。量子コンピュータも普及するでしょう。

また、今回もしワクチン開発が成功したとしても、インフルエンザのように変異して効果が薄くなり、また新たなウイルスが登場し脅威になるのは間違いないです。

あなたがもし今現在、ITスキルやデスクワーク能力が無く、資産運用も勉強していないのであれば、これから生きていくのは難しい時代になるでしょう。

もちろん私にも競合他社はいますし、時代の変化は早いですから、気を抜けば終わりです。

そうならないために、ご一緒に頑張っていきましょう。

それではまた、皆さんお元気でおすごしください(^_^)







【堀川春広】
株式会社ホリページ代表取締役
http://www.horipage.com
■ホームページ・ブログ制作
■ソフトウエア・アプリ・ツール開発
■インターネット広告代理店
■電子書籍・データ販売
■検索エンジン対策SEO
■ネットショップ構築
■ブランディング構築
■アフィリエイト業務
(上記コンサルティングも)